香り-1グランプリ

舞台は西から東へ 日本が世界に誇る香りに関連する3会場を横断開催

審査員紹介

審査員紹介 審査項目

★審査員と審査方法★

香りの研究者、食と香りの専門家+一般の方々(計100名) その合計得票数で決定。

香り、食の専門家の総票+一般の方々100名の総票=ご当地の香りグランプリ

大賞1 優秀賞2 審査員特別賞(複数の場合もあり)

★専門審査員の紹介(ファースト・ステージ)

 

大分香りの博物館

江崎 一子 先生(えざき・いちこ):大分香りの博物館 館長、別府大学食物栄養科学部 学部長

山川 浩平 先生(やまかわ・こうへい): 大分香りの博物館 副館長

吉田 千秋 先生(よしだ・せんしゅう):大分香りの博物館 参与

 

磐田市香りの博物館

竹澤 敏之 先生(たけざわ・としゆき):磐田市香りの博物館 館長

大石 由賀利先生(おおいし・ゆかり):磐田市香りの博物館 副館長

片桐 亮子先生(かたぎり・りょうこ):磐田市香りの博物館 学芸員

 

★専門審査員の紹介(グランプリ・ファイナル)

 

  藤森嶺 先生 辻守 先生 嶋本静子 先生
東京農業大学
教授(農学博士)
辻ウェルネス
クッキング代表
香りの研究家
藤森嶺 先生
(ふじもり・たかね)
辻守 先生
(つじ・まもる)
嶋本静子 先生
(しまもと・しずこ)
河内あつ子 先生 田島幸信 氏
アロマ研究家 香りマーケティング
協会理事長
河内あつ子 先生
(かわち・あつこ)
田島幸信 氏
(たじま・ゆきのぶ)

 

★審査項目★ 3部門で、それぞれ審査項目が異なります。

 

アロマ・ハイドロゾル(芳香蒸留水)部門 アロマ・ハイドロゾル(芳香蒸留水)部門
1.香り
2.パッケージデザイン
3.地域性
4.ネーミング、キャッチコピー
スイーツ部門 スイーツ部門
1.香り ※香りそのものより、口に入れた時の風味を重視。
2.味(食べやすさ)
3.パッケージデザイン
4.地域性
5.ネーミング、キャッチコピー
プロダクト部門 プロダクト部門
1.香り
2.商品デザイン
3.パッケージデザイン
4.地域性
5.ネーミング、キャッチコピー

TOP 開催概要 審査員紹介 ご当地の香り商品マップ ノミネート商品の紹介 お問合せ

開催の背景 開催スケジュール 会場案内 開催レポート 報道関係の皆さまへ

Copyright(c) 2014 Kaori-1 Grand-Prix. All rights reserved.