香り-1グランプリ

香りの作られた風景、作った人の笑顔、ストーリーをいっしょに伝えたい。

 

開催レポートご当地の香り商品マップ。アロマ、ハイドロゾル、スイーツ、土産など一般審査員の募集のご案内

●特別協力(五十音順)

ピュアスティーラー 辻ウェルネスクッキング 学校法人別府大学

香り-1(Kaori-One)グランプリ 開催の背景

開催の背景 開催のテーマ 開催目標

★開催の背景

日本では、数年前から香りへの感心が高まり、香り製品の売り上げも伸びています。その中でも当事務局では、北は、北海道のラベンダーやミントから南は沖縄の月桃まで「ご当地の香り」に注目しています。全国には花やハーブ、果物の香りはもちろんのこと、歴史上の人物や名勝にちなんだ香り製品もあります。ご当地の香りは、B級グルメ、ゆるキャラなどに続き、新たなブームに繋がる可能性を秘めています。

開催の背景

★開催のテーマ

香り-1グランプリは、単に賞を決めるだけではなく、ご当地の香りの魅力や可能性を一般の方々に幅広く知っていただくこと、そして全国でご当地の香りに取り組む皆さまを応援することをテーマにしています。

★開催目標

ご当地の香り商品やスイーツは、各地に存在はするものの、まだこれからの市場です。

そうした中、当イベントは、以下の3点を開催目的にしています。

(1)地域活性化

香りという視点で全国各地の観光資源や、農産物、商材に新しい可能性が生まれること。

(2)新規参入の拡大

香りへの関心がより多くの企業、生産者に広がり新規参入が増えること。

(3)市場拡大

ご当地の香りへの関心が高まり、市場拡大のキッカケとなること。

TOP 開催概要 審査員紹介 ご当地の香り商品マップ ノミネート商品の紹介 お問合せ

開催の背景 開催スケジュール 会場案内 開催レポート 報道関係の皆さまへ

Copyright(c) 2014 Kaori-1 Grand-Prix. All rights reserved.